調理実習 ~ 夏野菜のカレー & ヨーグルトサラダ ~

Hugの人気行事、調理実習。

月に2回、4年近く実施してきました。

これまで同じメニューは作りませんでしたが、、、、、

とうとう2回目の「夏野菜カレー」を迎えてしまいました。

メニューは同じですが、前回と大きく違うところがあります。

それは、1時間で作り上げてしまえるようになったところです!

1コマ目は通常通り、選別作業をして

2コマ目になってから、米を炊き、材料を切り、炒めて煮込み、傍らでヨーグルトサラダを準備し…。



メンバーさん達の調理の上達は目を見張るものがあり、

12時ちょっと過ぎた頃には立派なカレーセットが完成しました。

月に2回とは言え、繰り返すことにより手際がどんどん良くなり、

周りの様子を見ながら作業を進めることができるようになってきました。

また、今回、

メンバーTさんのお父様より、ご自宅の畑で採れたての玉ねぎとナスを差し入れしていただきました。

新鮮そのものの玉ねぎは真っ白で甘くて、カレーの味をさらに美味しくしてくれました。

ナスはホットプレートで焼いてカレーにトッピングしました。弾力がありこれも美味しかったです。

「調理実習だからみんなで食べて」と持たせてくださるお父様のお気持ちと、

暑い中、重い野菜を抱えて来てくれたTさんの気持ちで

今日の調理実習は、何倍も美味しく出来上がりました。

講演会のアンケートの集計

講演会のアンケート結果もご報告させていただきます。

アンケート集計数
1. あなたはどの立場の方ですか
1. 当事者 17人
2. 当事者家族 24人
3. 医療・福祉関係 34人
4. その他 4人

2. 本日の講演会の感想をお聞かせください
1.大変役に立った 54人
2.少し役に立った 20人
3.あまり役に立たなかった 0人
4.全く役に立たなかった 0人

3. 印象に残った内容や感想をお聞かせください
(多かったものをあげておきます)
・ポジディブな行動支援で接し方や言い方の方法を知ることができてよかった
・注意力、ワーキングメモリについてわかりやすかった
・注意資源の節約
・気をそらすという支援
・Hugでの日常の作業をスライドで見せてもらえてよかった

4.今後、講演会でとりあげてほしいテーマ
第1位 心理面のケア
第2位 就労支援(職場復帰・求職)
第3位 リハビリテーションの手法
第4位 高次脳機能障害の基礎知識
第5位 当事者・家族の体験談

アンケートにご協力いただいたみなさまに
もう一度お礼を言いたいと思います。
本当にご協力ありがとうございました。

今回当事者家族だけではなく、
支援者の方にもたくさん来ていただけたということで、
うれしく思っています。

講演会を開催する上でも、日々の活動の中でも、いろいろな反省点があります。
ひとつひとつが大切なご意見で私たちにとっては宝物です。
うまくいくことばかりではありません。
むしろうまくいかなかったことから、私たちも日々学んでいきたいと思います。

次の講演会に向けての1日1日はもう始まっています。
これからもどうぞご支援ご協力をお願いいたします。

講演会のワークのフィードバック

この大雨で先週の金曜日はHugも休所することになってしまいました。
阪急電車が大雨のために止まってしまうというのは、ほぼ経験のないことです。
大きな被害が出ていて心が痛みます。

先日の講演会で行ったワークについて、粳間先生からのフィードバックです。

自分の呼吸数を数える1人瞑想と隣の人と手をつないで(Social Touch)
自分の呼吸数を数えると実測値(先生のアシスタントさんが計測していたもの)とで
Social Touchの効果がどうだったかを調べた結果を報告してくださいました。

統計とか難しい数字はわからないという方もいると思いますが、
要約すると・・・

親しい同士であれば、文字通り「息があう」。

自分が落ち着かない時に、落ち着いた家族とSocial Touchをすることで、
落ち着きをわけてもらえるということです。
逆もありですが・・・
家族っていい意味でも悪い意味でも影響し合うということですね。

以下粳間先生のメールより

Social Touchの効果を、呼吸速度差の割合の変化*で調べてみました。

*第一データは以下の分類

・[(一人瞑想の呼吸数の差の絶対値)÷(一人瞑想の呼吸数の平均)]>=[(Social touchの呼吸数の差の絶対値)÷(Social touchの呼吸数の平均)]でsuccess

・[(一人瞑想の呼吸数の差の絶対値)÷(一人瞑想の呼吸数の平均)]<[(Social touchの呼吸数の差の絶対値)÷(Social touchの呼吸数の平均)]でfail

・明らかに家族同士とわかった組み合わせをfamily
・明らかに他人同士とわかった組み合わせをnon-family

この分類で2×2のクロス検定(χ二乗検定)してみました。

実測値と比べてどうかという第二データ

これも同じくSocial Touchの効果を、呼吸速度差の割合の変化**で調べてみました。

**以下の分類,計算,統計方法です。

・[(実測呼吸数の差の絶対値)÷(実測呼吸数の平均)]>=[(Social touchの呼吸数の差の絶対値)÷(Social touchの呼吸数の平均)]でsuccess

・[(実測呼吸数の差の絶対値)÷(実測呼吸数の平均)]<[(Social touchの呼吸数の差の絶対値)÷(Social touchの呼吸数の平均)]でfail

・明らかに家族同士とわかった組み合わせをfamily

・明らかに他人同士とわかった組み合わせをnon-family

この分類で2×2のクロス検定(χ二乗検定)してみました。

「一人瞑想 vs Social Touch」「実測呼吸数 vs Social touch」どっちも有意差でました。

家族同士の組み合わせのほうが、そうでない組み合わせより、呼吸速度が同調していた結果です。

やはり、「自律神経のバランスをとるためには家族と手をつなぎましょう」という従来どおりの結果ですね。

呼吸速度の同調率(*/**)は、家族同士(84.6%/80.0%)、他人同士(52.0%/40.91%)で、
「他人同士より家族同士のほうがSocial Touchの効果は高い」という結論でございます(p=0.0396/p=0.0347)。
(*一人瞑想 vs Social Touch/**実測呼吸数 vs Social Touch)。

親子がいいのか、夫婦がいいのかとかは、
これ以上データを分割できない(標本数が減るため)ので、わかりません。

家族同士のほうが他人同士よりもsocial touchの効果が高いということだけは、
統計できるだけの標本数がとれたのでわかりました。

データの協力拒否の人の分(無記名の人)は統計から抜いています。
協力してくれた人の分だけです。

7月 絵てがみの会

毎日蒸し暑い日が続きますね。
Hugのメンバーさんたちも、朝来るなり、
「あつーい😂」と言っております。

今日は月に一度の絵てがみの日。
今日のお題はゆりとひまわりと朝顔でした。

今までは、
イラストや写真を見て描く人が多かったのに、
最近では先生のお手本を見て
描きたい人が増えています。

こんな風に描きたいと
しっかりとイメージすることで、
本当にそれらしくなっていくから不思議です。

花言葉を調べたり、
フランス語を調べたり。

そんなこだわりもちゃんと盛り込んで、
仕上げていく絵てがみです。
今回もひとつひとつ個性的なものが
できました。

かるた大会

梅雨らしい天気が続く中、

今日は午前中に、かるた大会をしました。

昨日の「絵本の読み聞かせ」に続いて

これもまた新しい試みです。

「かるたぁ?」「久しぶり~」「え~…」とあまり気乗りしない様子でしたが…。

いざ始まって、ムードメーカーOさんが読み札を読み上げると、

「ハイ!」「あー!やられた!」と

みんなムキになって絵札を取りにいき、

そのうち姿勢も前のめりになっていきました笑

そして、このかるたは、なんと!

ことわざかるたなのです。

「石の上にも3年」の絵札を取った人は、

その意味を答えないといけないというオマケ付きなのです。

「石の上にも3年」
「転ばぬ先の杖」
「棚からぼた餅」、、、

よく聞くけどその意味を尋ねられたらうまく答えられない、そんなことよくありますよね。

今日は、絵札を取って意味を答えて、

解説書を読みながら正しい意味を読み上げる。

今まで間違って使っていたということわざもあって、

なかなか勉強になるかるた大会でした。

******************

読み聞かせにかるたにトランプに

やたらとレクレーションが多いと思われたかもしれませんが、

それもそのはず!

コーヒー豆が品切れだったのです。

ちょうど新旧入れ替えの時期で、日本中から

ケニアマサイAAの豆がなくなっていたのです。

それが今日のお昼にやっとHugに届きました。

だから、午後はみんなで一心不乱に選別作業をしました。

メリハリ大事!

大人の読み聞かせ

Hugのスタッフ3人のうち、

施設長の八尾とサービス管理責任者の辻は保育士でもあります。

中でも辻は、絵本が大好き。

今日の4コマ目は急遽、絵本の読み聞かせ会になりました。

Hugにとって初めての試みです。

メンバーのみんなも「え?なに?」という感じで

少し戸惑いがあったようです。

 絵本の読み聞かせは子どものためのもの、
のような印象もありますからね。

でも、大人になってから、自分のために絵本を読んでもらえる経験は、なかなか贅沢なものです。

Hug初の読み聞かせで、辻が選んだ絵本は

「100万回生きたねこ」。

「花咲き山」。

どちらも名作でご存じの方も多いと思います。

静かな室内に、辻の優しい声が響きわたります。

意外にも(?)みんな引き込まれた様子で、聞き入っている様子でした。

正直にいうと、ウトウトするメンバーさんもいましたが、

優しい読み聞かせを聞きながらウトウトできるなんて

極上の幸せですよね。

その後はたくさんの絵本(辻コレクション)を

みんな思い思いに手に取って読んでいました。

絵本は

かつて少年少女だった大人の心にも優しく響いて

読み聞かせで和やかなひとときを過ごすことができました。

COCOreha(ココリハ) 心のリハビリ

今日はココリハ。

テーマは「感謝したい人、もの、こと」。

たっぷりと考える時間をもらったあと、

一人ずつ発表していきました。

やはり「家族に感謝したい(している)」と答えた人が多かったです。

妻に、母に、父に…と、中には涙ながらに感謝の気持ちを発するメンバーさんも。

「Hugに毎日運んでくれる電車の運転手さんに感謝している」という意見もでました。

また時節柄、

「前評判は悪かった侍ジャパンのメンバーが

ワールドカップで快進撃をして「諦めたらアカン」と教えられ、勇気をもらったので感謝している」

という意見もありました。

******************

「誰に(何に)感謝していますか?」と改めて聞かれると、

ちょっと考えてしまいますよね。

自分の気持ちと静かに向きあう大切な時間、

それがココリハです。

※写真はマインドフルネスをしているところです。

古今東西ゲーム

古今東西ゲームをご存知ですか?

お題を決めて、一人ずつ答えていくゲームです。

先日、なんとなく5分だけ時間が空きました。

急きょ「古今東西、都道府県の名前!」をすることにしました。

メンバーは8人です。

はじめに

「北海道」が出て、次の人は「青森」、また次の人は「秋田」…

北から順に言っていく作戦が暗黙の了解として進められていくのだろうと思った矢先、

4番手の人が「広島」。

そこからは思いつくままの発言が続き、

2周目まではすんなり出てきましたが、3週目あたりから苦しくなり、、、、

47都道府県のうち、35を過ぎたあたりからなかなか出てこなくなりました。

絞り出して絞り出して46個!最後の最後が出てこない!

みんなで一生懸命考えて、Sさんが「あ!〇〇が出てない!」

大歓声が上がり、みんながすっきりした瞬間でした。

メンバー8人で6分かかって47都道府県挙げることが出来ました。

すらすら出てくるTさんに「すごいね」と言ったら「地理が得意だったんです」と。

他にも、北関東~東北はわかりにくいという意見は多く出ました(^_^)。

さーて、

ホワイトボードに書き出した47都道府県
※殴り書き風の字の下手さはご容赦下さい

最後の最後に出たものはハートで隠しています。

Hugメンバーが最後まで苦しんだ都道府県はどこだか、、、、

みなさんはわかりますか?

調理実習 ~ ロールキャベツ ~

月に2回の調理実習…のはずが、今月は講演会準備のため、

1回だけの実施。メニューはロールキャベツです。

さあ、いつものように手分けして調理を始めます。

まずキャベツを1枚ずつ剥がして…

おっといきなりイエローカード!破かないように優しく剥がして~~!

几帳面と雑さが入り混じる高次脳の特性が早速出てしまいました。

さて、タネ作り班は、玉ねぎ人参ピーマンをみじん切りにします。

みんなのチームプレーで用意された具材を炒めて、ひき肉とあわせてタネが出来上がり。

いよいよキャベツでタネを包みます。

施設長の八尾がお手本プレーを見せます、、、、

が、

「ちゃんと見て~!見ないと難しいですよ~!」とスタッフがいくら叫んでも、

なぜか誰もが「根拠のない自信」にあふれていて、すぐ自分のロールキャベツを作り始めます…。

でもなかなかお手本のようにはいきません。みんな苦戦しています。

タネがやたら大きくてどう見てもキャベツに収まりそうにないもの、

八尾の説明の要素が何一つ入っていないもの、

ファウルの連発です。

「だからちゃんと見ててって言ったでしょっ」と説明のやり直し。

「んも~」と言いながらもみんな大笑いです。

あーでもないこーでもない、と考えながら笑いながら、なんとか巻き上がりました。

煮込んである間に、きのこの卵とじ入りサラダも作り

チーズをとろりとかけて、ロールキャベツ定食の出来上がりです!

そしてお待ちかねのもぐもぐタイム。

大きなロールキャベツが一人2個ずつ!大満足のメニューです。

毎度のことながら野菜たっぷりメニューは、お腹にも優しく

特に一人暮らしのメンバーさんには、野菜がたくさん摂れる貴重な時間のようです。

ロールキャベツ大成功で大きなゴールを決めたメンバーさん達は

お腹がいっぱいになり、午後の作業は睡魔との闘いのようでした笑

※ワールドカップ開催中につき、文章もワールドカップ仕様になりました(≧▽≦)

講演会が終わって…

日曜日の講演会を無事に終え、

昨日の月曜日は代休をいただきました。

今日は講演会後、初めての通所日です。

講演会の話で持ちきりかと思いましたが…

やはり話題は昨日の大阪北部地震でした。

メンバーさんの中に怪我をした人もいて、改めて自然の驚異を思い知らされました。

皆様、ご無事でお過ごしでしょうか。

さて、

講演会後、初めての通所日。

通常の作業をした後4コマ目は、講演会でも上映した

Hugの日常を映像化したスライドショーの観賞会をしました。

都合で参加できなかったメンバーもいたので、

みんなでまた観たい!となったワケです。

笑ったり照れたりしながら楽しい時間を過ごしました。

その後は童心にかえって「しりとり大会」をしました。

たかがしりとり、されどしりとり。

高次脳機能障害の場合、失語症を伴うことも多く、

なかなか単語が出て来ないのです。

「リス」「スイカ」等の簡単な言葉で回る時もあれば、

ラ行で終わる言葉を次に回してやろうと目論み、

策士策におぼれるパターンもあり。

「る」で回って来て困っていたOさん。

そこへGさんが「ほら、カバンとか財布とかで有名な…」とヒントを出してくれました。

ルイヴィト…危ない( ̄□ ̄;)!! トラップだ!

みんなで大笑い(≧∀≦)。

Gさんも、ホントはトラップではなく、マジメに「る」のつく単語のヒントを言っていただけで、

天然ぶりにまた大笑い。

単語がなかなか出ない人、
なせが「リスが走る」等の文章を言ってしまう人、
思い付いたまま言うからすぐに「ん」で終わって負ける人、、、

しりとりもまた、良いリハビリになると再認識できた午後のひとときでした。

またやろうっと。