おにぎらず作り

11月13日(木)は、
お昼ごはんにみんなで「おにぎらず」を作って食べました。

「おにぎらず」というのは、にぎらないおにぎりです。
お米、具、のりを使うところは、
普通のおにぎりと一緒ですが、
違うところはにぎらないというところです。

ということで、
片手でも簡単にできます。
(片麻痺があっても、1人でできちゃいます!)

作り方

①ラップの上にのりをひく
②のりの上にごはんをのせる
③具をのせる
④具の上にごはんをのせる
⑤のりをおりたたんでつつむ
⑥ぎゅーっと上からおさえる
⑦半分に切る

image

image

image

image

image

image

具は今回はしゃけとこんぶ、ツナにと簡単にしましたが、
きんぴらや焼肉、卵焼きなんかもあいます。

普段はお昼ご飯を食べないというKさんも、
自分で作った「おにぎらず」はおいしかったようで、
たくさん食べてくれました。

また、左麻痺のあるOさんも、
自分で作れるということで、
とても楽しんで作ってくださいました。

日ごろお料理のしない方も、
こうして自分で作って食べるという新しい経験を通じて、
楽しい!できた!うれしい!を感じていただけたら、
私たちスタッフもうれしいなぁ~と思います。