調理実習 ~手巻き寿司~

今週のHugは、
御殿山中学校トライやるウィークの3名の生徒さんの受け入れに始まり、
散歩や、初めて2ヶ所に分かれての販売会等、
イベント盛り沢山の一週間でした。

5月22日(金)、トライやるの生徒さんの最終日でもあったので、
お別れ会を兼ねて
調理実習で手巻き寿司パーティーを行いました。

キュウリを切る人、カニかまを袋から出す人、野菜を洗う人、寿司飯を用意する人…、
それぞれ自分の役割をこなしていきます。
ナマ物は用心のために避けたので、その代わりにプルコギを用意しました。

2015-05-22-22-48-06_deco

準備が整ったら全員席について「いっただっきま~す(^o^)」 

2015-05-22-21-22-14_deco

海苔に乗り切れないくらいに具を入れて、手巻きなのに巻けない太さの手巻き寿司(≧▽≦)。
口いっぱいに頬張れば、美味しさ満点・笑顔も満開です。
たくさん用意した材料はあっという間にみんなのお腹に消えていきました(^^)。

そして片付けタイム。

2015-05-22-23-54-07_deco

生徒さん達が、台所の洗い物を頑張ってくれました。

******************

前述の通り、
今週1週間、宝塚市立御殿山中学校の生徒さん3名が、
トライやるウィークという職業体験でHugに来てくれました。

2015-05-23-00-08-58_deco

利用者さんと一緒にコーヒー豆の選別作業やドリップパック作りをしてくれました。

水曜日は、近くのあいあいパークまでお散歩にも行きました。

木曜日は、ぷらざこむで行われた「こむの交流市」に行って、
コーヒーを販売を手伝ってくれました。

そして、最終日の今日はみんなで調理実習をして、手巻き寿司を作って食べました。

Hugとして、このような形で中学生を受け入れることは、もちろん初めてのことです。
最初は、どんなことをしてもらおうか、利用者さんとうまく関われるかなど、不安もありましたが、
やってみて本当によかったと思いました。

利用者さんたちは、中学生が来てくれるということで、とても、楽しみにしてくれていました。

最初は緊張した様子の生徒さんたちも、日に日に慣れて、
自分たちから行動してくれる場面が増えていきました。

高次脳機能障害という見た目にわからない障害のある人たちがいること、
そして、作業所に来て働くということの意味。

たった5日間という短い期間ではありましたが、一緒に時間を共有することで、
分かち合えることがたくさんあったのではないかと思います。

この経験を通して、何かひとつでも伝わるもの、
感じとってもらえるのもがあったらうれしいなぁと思って3人を見送りました。