調理実習 ~クレープ~

今日は月に一度のおやつの調理実習の日。

今日のメニューはクレープでした。

午前中からソワソワ。

「中には何を入れるんですか?」
「自分で焼けるんですか?」
「どのくらいの大きさですか?」

楽しい質問が飛び交いながらの選別作業でした。

午後になり、いよいよ調理実習の始まりです。

「今までに自分でクレープを焼いたことのある人?」
と質問してみたら手を挙げる人は誰もいなくて、
メンバーさん全員「初手焼きクレープ」でした。

まずは計量から。
小麦粉係、牛乳係、砂糖係…。
それぞれ役割分担をして計量します。

クレープ生地の計量、かき混ぜが終わったら、

今度はカスタードクリーム作りです。

同じように計量、かき混ぜます。

「あれ?カスタード?マスタード?あれ?どっち?」
楽しい会話も味付けの1つです。

さあ、実際に焼いてみよう!

S_4504075961890

お玉に半分くらいの生地をホットプレートに流し、
お玉の背中でぐるぐるぐる…と外に向かって薄く広げていきます。
焼けて来たら裏返しにして少し焦げ目がついたら出来上がり。

スタッフのお手本をよく見たあとで、

ホットプレート2台を使って2人ずつ順番に焼いていきます。

おっかなびっくりの顔でおそるおそる始めたメンバーさんでしたが、

やってみると、あら!意外と簡単!。

S_4504075643825

S_4504076006264

S_4504075806736

みんな上手に薄くことができました。

1人2枚ずつ焼いてもらったので、2枚目はとくに上手に焼けて、

「クレープ屋を始めようぜ」

「Hugのコーヒーとセットにして移動販売だ」

と夢も大きく膨らみます。

焼けた後は、

生クリームにカスタードクリーム、フルーツやチョコレートソースを
楽しく包んで完成です。

おまちかねの「いっただっきま~す」

S_4504179120144

S_4504179055355

S_4504179024463

「おいしー(≧▽≦)」と思わず声が上がる美味しさでした。
口の周りに生クリームやチョコレートソースをつけて、
楽しい笑顔が満開の調理実習でした