新年度が始まりました・新しい焙煎機がきたよ!

今日から新年度が始まりました。

それに伴い、うれしいお知らせがあります。
昨年末に申し込みをしていた『NHK歳末たすけあい』・『赤い羽根共同募金』の配分を受けて、
新しい焙煎機を購入することができました。

Hugでは珈琲の生豆を仕入れ、それをていねいに選別(悪い豆を取り除く作業)し、
工房で自家焙煎をして珈琲豆を作っています。
これまで、600g焼ける焙煎機を使っていましたが、少しずつ珈琲豆のご注文が増えてきており、
もう少したくさん焼けるように1kg焼ける焙煎機の購入を検討していました。
ただ、資金面での余裕がなく、新しい焙煎機の購入はかなり高額になるため躊躇していました。

そのため、今回配分金をいただけたことで、新しい1kg焙煎機を購入することができ、
とてもうれしく思っています。
(新しい焙煎機はハマ珈琲さんのものです。→ http://hama-coffee.ocnk.net/)

これまで使っていた焙煎機は温度の調節や微妙な操作が難しく、
ほとんどスタッフが焙煎を行ってきました。
両手を使わなければうまく操作することができず、片麻痺の利用者さんにとっては、
やりたくてもなかなかできませんでした。

ところが、今回購入させていただいた焙煎機は片手での操作が可能であり、
片麻痺の人でも問題なく焼くことができます。
また、デジタル温度計がついており、豆の温度が一目でわかるため、
温度管理がやりやすくなりました。
自分たちが焙煎するという目標がより近づいたことで、
利用者さんたちが日頃行っている選別作業にも意欲的に取り組めるようになったように思います。

今は温度を管理して火加減の調整をする人、時間を計る人、記録を行う人と役割を決めて、
3名のグループで焙煎をしています。

利用者さんが目を輝かせて焙煎機を見つめている様子に、
私たちスタッフも心からうれしく思い、
今回配分金をいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも毎日心をこめて焙煎をして、さらにおいしいコーヒーが焼けるように、
利用者さんとスタッフ一同がんばっていこうと思います。
焙煎機を長く、大切に使わせていただこうと思います。

こうして平成29年度の幕があけました。
今年度もどうぞ珈琲焙煎工房Hugをよろしくお願いします。