かるた大会

梅雨らしい天気が続く中、

今日は午前中に、かるた大会をしました。

昨日の「絵本の読み聞かせ」に続いて

これもまた新しい試みです。

「かるたぁ?」「久しぶり~」「え~…」とあまり気乗りしない様子でしたが…。

いざ始まって、ムードメーカーOさんが読み札を読み上げると、

「ハイ!」「あー!やられた!」と

みんなムキになって絵札を取りにいき、

そのうち姿勢も前のめりになっていきました笑

そして、このかるたは、なんと!

ことわざかるたなのです。

「石の上にも3年」の絵札を取った人は、

その意味を答えないといけないというオマケ付きなのです。

「石の上にも3年」
「転ばぬ先の杖」
「棚からぼた餅」、、、

よく聞くけどその意味を尋ねられたらうまく答えられない、そんなことよくありますよね。

今日は、絵札を取って意味を答えて、

解説書を読みながら正しい意味を読み上げる。

今まで間違って使っていたということわざもあって、

なかなか勉強になるかるた大会でした。

******************

読み聞かせにかるたにトランプに

やたらとレクレーションが多いと思われたかもしれませんが、

それもそのはず!

コーヒー豆が品切れだったのです。

ちょうど新旧入れ替えの時期で、日本中から

ケニアマサイAAの豆がなくなっていたのです。

それが今日のお昼にやっとHugに届きました。

だから、午後はみんなで一心不乱に選別作業をしました。

メリハリ大事!

大人の読み聞かせ

Hugのスタッフ3人のうち、

施設長の八尾とサービス管理責任者の辻は保育士でもあります。

中でも辻は、絵本が大好き。

今日の4コマ目は急遽、絵本の読み聞かせ会になりました。

Hugにとって初めての試みです。

メンバーのみんなも「え?なに?」という感じで

少し戸惑いがあったようです。

 絵本の読み聞かせは子どものためのもの、
のような印象もありますからね。

でも、大人になってから、自分のために絵本を読んでもらえる経験は、なかなか贅沢なものです。

Hug初の読み聞かせで、辻が選んだ絵本は

「100万回生きたねこ」。

「花咲き山」。

どちらも名作でご存じの方も多いと思います。

静かな室内に、辻の優しい声が響きわたります。

意外にも(?)みんな引き込まれた様子で、聞き入っている様子でした。

正直にいうと、ウトウトするメンバーさんもいましたが、

優しい読み聞かせを聞きながらウトウトできるなんて

極上の幸せですよね。

その後はたくさんの絵本(辻コレクション)を

みんな思い思いに手に取って読んでいました。

絵本は

かつて少年少女だった大人の心にも優しく響いて

読み聞かせで和やかなひとときを過ごすことができました。

COCOreha(ココリハ) 心のリハビリ

今日はココリハ。

テーマは「感謝したい人、もの、こと」。

たっぷりと考える時間をもらったあと、

一人ずつ発表していきました。

やはり「家族に感謝したい(している)」と答えた人が多かったです。

妻に、母に、父に…と、中には涙ながらに感謝の気持ちを発するメンバーさんも。

「Hugに毎日運んでくれる電車の運転手さんに感謝している」という意見もでました。

また時節柄、

「前評判は悪かった侍ジャパンのメンバーが

ワールドカップで快進撃をして「諦めたらアカン」と教えられ、勇気をもらったので感謝している」

という意見もありました。

******************

「誰に(何に)感謝していますか?」と改めて聞かれると、

ちょっと考えてしまいますよね。

自分の気持ちと静かに向きあう大切な時間、

それがココリハです。

※写真はマインドフルネスをしているところです。

古今東西ゲーム

古今東西ゲームをご存知ですか?

お題を決めて、一人ずつ答えていくゲームです。

先日、なんとなく5分だけ時間が空きました。

急きょ「古今東西、都道府県の名前!」をすることにしました。

メンバーは8人です。

はじめに

「北海道」が出て、次の人は「青森」、また次の人は「秋田」…

北から順に言っていく作戦が暗黙の了解として進められていくのだろうと思った矢先、

4番手の人が「広島」。

そこからは思いつくままの発言が続き、

2周目まではすんなり出てきましたが、3週目あたりから苦しくなり、、、、

47都道府県のうち、35を過ぎたあたりからなかなか出てこなくなりました。

絞り出して絞り出して46個!最後の最後が出てこない!

みんなで一生懸命考えて、Sさんが「あ!〇〇が出てない!」

大歓声が上がり、みんながすっきりした瞬間でした。

メンバー8人で6分かかって47都道府県挙げることが出来ました。

すらすら出てくるTさんに「すごいね」と言ったら「地理が得意だったんです」と。

他にも、北関東~東北はわかりにくいという意見は多く出ました(^_^)。

さーて、

ホワイトボードに書き出した47都道府県
※殴り書き風の字の下手さはご容赦下さい

最後の最後に出たものはハートで隠しています。

Hugメンバーが最後まで苦しんだ都道府県はどこだか、、、、

みなさんはわかりますか?

調理実習 ~ ロールキャベツ ~

月に2回の調理実習…のはずが、今月は講演会準備のため、

1回だけの実施。メニューはロールキャベツです。

さあ、いつものように手分けして調理を始めます。

まずキャベツを1枚ずつ剥がして…

おっといきなりイエローカード!破かないように優しく剥がして~~!

几帳面と雑さが入り混じる高次脳の特性が早速出てしまいました。

さて、タネ作り班は、玉ねぎ人参ピーマンをみじん切りにします。

みんなのチームプレーで用意された具材を炒めて、ひき肉とあわせてタネが出来上がり。

いよいよキャベツでタネを包みます。

施設長の八尾がお手本プレーを見せます、、、、

が、

「ちゃんと見て~!見ないと難しいですよ~!」とスタッフがいくら叫んでも、

なぜか誰もが「根拠のない自信」にあふれていて、すぐ自分のロールキャベツを作り始めます…。

でもなかなかお手本のようにはいきません。みんな苦戦しています。

タネがやたら大きくてどう見てもキャベツに収まりそうにないもの、

八尾の説明の要素が何一つ入っていないもの、

ファウルの連発です。

「だからちゃんと見ててって言ったでしょっ」と説明のやり直し。

「んも~」と言いながらもみんな大笑いです。

あーでもないこーでもない、と考えながら笑いながら、なんとか巻き上がりました。

煮込んである間に、きのこの卵とじ入りサラダも作り

チーズをとろりとかけて、ロールキャベツ定食の出来上がりです!

そしてお待ちかねのもぐもぐタイム。

大きなロールキャベツが一人2個ずつ!大満足のメニューです。

毎度のことながら野菜たっぷりメニューは、お腹にも優しく

特に一人暮らしのメンバーさんには、野菜がたくさん摂れる貴重な時間のようです。

ロールキャベツ大成功で大きなゴールを決めたメンバーさん達は

お腹がいっぱいになり、午後の作業は睡魔との闘いのようでした笑

※ワールドカップ開催中につき、文章もワールドカップ仕様になりました(≧▽≦)

講演会が終わって…

日曜日の講演会を無事に終え、

昨日の月曜日は代休をいただきました。

今日は講演会後、初めての通所日です。

講演会の話で持ちきりかと思いましたが…

やはり話題は昨日の大阪北部地震でした。

メンバーさんの中に怪我をした人もいて、改めて自然の驚異を思い知らされました。

皆様、ご無事でお過ごしでしょうか。

さて、

講演会後、初めての通所日。

通常の作業をした後4コマ目は、講演会でも上映した

Hugの日常を映像化したスライドショーの観賞会をしました。

都合で参加できなかったメンバーもいたので、

みんなでまた観たい!となったワケです。

笑ったり照れたりしながら楽しい時間を過ごしました。

その後は童心にかえって「しりとり大会」をしました。

たかがしりとり、されどしりとり。

高次脳機能障害の場合、失語症を伴うことも多く、

なかなか単語が出て来ないのです。

「リス」「スイカ」等の簡単な言葉で回る時もあれば、

ラ行で終わる言葉を次に回してやろうと目論み、

策士策におぼれるパターンもあり。

「る」で回って来て困っていたOさん。

そこへGさんが「ほら、カバンとか財布とかで有名な…」とヒントを出してくれました。

ルイヴィト…危ない( ̄□ ̄;)!! トラップだ!

みんなで大笑い(≧∀≦)。

Gさんも、ホントはトラップではなく、マジメに「る」のつく単語のヒントを言っていただけで、

天然ぶりにまた大笑い。

単語がなかなか出ない人、
なせが「リスが走る」等の文章を言ってしまう人、
思い付いたまま言うからすぐに「ん」で終わって負ける人、、、

しりとりもまた、良いリハビリになると再認識できた午後のひとときでした。

またやろうっと。

講演会開催

6月17日(日)、

高次脳機能障害啓発講演会
「邪道な地域支援養成講座」を開催し、

たくさんのお客様にお越しいただきました。

粳間剛(うるまごう)先生をお招きし、

脳の仕組みや症状による支援方法等をわかりやすく

解説していただきました。

一般向けとしては、関西では初めてというご講演は

会場にお越しのお客様にも実践していただくコーナーもあり、

みなさん興味深く傾聴していらっしゃるご様子でした。

※※※※※

講演会の内容に関しましては後日詳しくご報告します。

※※※※※

最後のプログラムとして

Hugの日常の様子がスライドショーとして上映され、

メンバーさん達の笑顔のあふれる映像を見て、

みなさんほっこりとしていただけたようです。

また、ロビーではHugのコーヒーが販売され、

アイスコーヒー、ホットコーヒーもたくさん召し上がっていただきました。

紙コップを回収するのは、スーパー○リオ!?

スーパースターの出現をみなさんも楽しんで下さったようでした。

販売ブースではドリップバッグが飛ぶように売れていき、

メンバーさんが声掛けや商品の受け渡しも頑張ってくれました。

心強い助っ人も登場(メンバーさんのお子さん)!

かわいい売り子さんに売上も倍増(?)。

メンバーも、

みんなで頑張って販売するって楽しい!

という気持ちを味わうことができました。

みんなで一生懸命コーヒーを作って、チラシを折ってポスティングをして、資料のセッティングをして…。

メンバーみんなで作り上げた講演会が大盛況で終われたのも、

お越しいただいたお客様のおかげです。

みなさま、お忙しい中お越しいただき誠にありがとうございました。

取り急ぎご報告まで。

明日は講演会!

みなさーーーーーん!

明日は

当法人主催 高次脳機能障害啓発講演

「邪道な地域支援養成講座」です。

たくさんの人にお越しいただき、Hugのコーヒーを知ってほしい、

メンバーのみんなは毎日一生懸命作業をして

美味しいコーヒーをたくさん用意しました。

みんなの思いをかわいいプリントに込めて

ドリップバッグを量産しました。

あじさい、ひまわり、わんちゃん、ネコちゃん、七夕、スイーツ、、、、、

かわいいドリップバッグはご自宅用はもちろん、

お土産やプレゼントに最適です。

どうぞ皆様、会場でお手に取ってご覧ください。

メンバーの熱い思いが伝わりますように。

※たくさんできました~~(≧▽≦)

いよいよ講演会!!

明後日17日の日曜日は

Hugの運営母体である、高次脳機能障害者サポートネット主催の講演会が開催されます。

販売用のコーヒーもたくさん用意できました(^_^)。

今日は総仕上げに

講演会用資料をセットする作業をみんなで行いました。

テーブルに置かれた資料の山の周りをぐるぐると回り、

1枚ずつ取っていきます…

が!

なぜそれだけが逆さまになる((( ̄□ ̄;)!?

なぜ1枚あまる!?

何をやっても爆笑のHugです。

※もちろん、ちゃんとお直ししました。

「こんなことをやっていると、まるで学校の文化祭の前みたい」

なんていう意見も出て、

どんな作業でもみんなで一緒にやることが大事だなぁとしみじみ思います。

さて!資料もばっちり準備が整いました。

17日、たくさんの皆様に

この資料と珈琲と、そしてメンバーの熱い思いが届きますように。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

****** みなさまへ *******

講演会はまだ若干の空席がございます。
16日土曜日もFaxによるお申込みをお受けいたします。
また当日の飛び入り参加も歓迎します。

講演会が近づきました

6月17日(日)、

当法人 高次脳機能障害者サポートネット主催で

講演会を開催します。

当日、コーヒーの販売も行いますので、

沢山のお客様にHugのコーヒーを味わっていただく絶好のチャンス!

メンバーのみんなはコーヒーの生産を頑張っています。

心を込めて、美味しいモノをきちんと作る。

当たり前のことを当たり前に行うことが大事。

人気のドリップバッグはいろんな柄で準備が進んでいます。

乞うご期待(≧∀≦)!