絵手紙の会 ~さつまいも・コスモス~

今日は月に1度の絵手紙の日。

毎月続けていると、みんな本当に上手になりました。

細い線をキープして引けるということは

手指の微調整が出来るということなので、

ここでもやはりリハビリになっているようです。

絵を描くのはもちろんですが、

今日はコメントについて書きたいと思います。

絵手紙は必ず一言コメントを添えますが、

これがまたなかなかいい味が出るんです。

今日、さつまいもを描いたKさんは

「九里よりうまい十三里」。

フクロウを描いたNさんは

「不苦労」。

色づいた葉っぱを描いたTさんは

「秋みぃつけた」。

ステキでしょう?

「なんて書こう?」「○○って書いたら?」と

隣の人にアドバイスをもらう人あり、

花を描いてその花の花言葉を書く人あり、

どうしてもフランス語で書きたい人あり。

絵手紙の1時間でも様々なドラマが生まれます。

季節を感じる大切な絵手紙の時間。

来月のテーマはなにかな?