お裁縫

先日、宝塚育成事業所様からお声がけがあり、古タオルをたくさん譲っていただきました。

今日は、時間があったので、みんなで雑巾作りに挑戦しました。

ほとんどのメンバーさんが「針を持つなんて何年振りだろ」とか「出来るかなぁ〜」と不安の中で始めましたが…

始めてみると意外にも(?)面白く、1針1針上達していくのがわかります。

枚数を重ねるごとに、糸目を細かくできたり、まっすぐに縫えていたり、

やっぱり、なんでもやってみないとわからないものですねぇ。

1枚目より2枚目、2枚目より3枚目が上手く縫えているのがわかると、達成感も味わえます。

そして、今回、二人の片麻痺のメンバーさんも挑戦してくれました。

布さえピンと張っていればチクチクすいすいと縫えます。

洗濯バサミや重石になるモノを駆使して何とか道具を作り、

あとはお二人とも持ち前の器用さでとても上手に仕上げてくれました。

やる前から無理だと決めつけないで、とにかくやってみる!

みんなでアイデアを出し合えば、どうにかなることも多そうです(^^)

※使った小道具…洗濯バサミ大、洗濯バサミ小、ヒモ、A4用紙の束、豆を入れてあるタッパー、圧着機。

その辺にあるものを、何でも使いました。

Hugのスタッフは自称OTです。作業療法士のOTではなく、オバちゃんトレーナーの略ですが笑。