調理実習 ~フレンチトースト~

今日1月27日は、お楽しみの調理実習。
メニューはフレンチトーストでした。

1コマ目から3コマ目までは通常の作業をして、
4コマ目を利用しての調理実習です。

まずは卵を割ります。

手にマヒの残っているメンバーさんにとっては、
力の加減が難しいところですが、1人1個ずつ割ってもらいました。

16-01-27-21-48-25-849_deco_1

少々つぶれたって気にしない(^o^)!
チャレンジすることが大切だし、第一「美味しかったら何でもOK」。

食パンを卵液にひたし、バターで焼きます(≧▽≦)。

色良く焼けてくると、みんなのテンションもMAX!

フライ返しで用心深く裏返します。

 

16-01-27-21-50-54-817_deco

トッピング用のりんごのキャラメリゼも同時進行で作りました。

りんごの皮をスイスイ剥くメンバーさんには、みんなの尊敬の眼差しが集まります(^o^)。

包丁でクルクル剥ける人は剥く、包丁が使いづらい人はピーラーで剥く、どちらもOK。

りんごは8等分してバターと砂糖で焼きシナモンを振りました。

16-01-27-21-43-24-933_deco

さあいよいよ出来上がり。

それぞれお皿に、フレンチトースト、リンゴ・アイスクリームを盛り付けて、
みんなでお待ちかねの「いっただっきま~す」

16-01-27-22-02-54-289_deco_2

16-01-27-21-43-59-143_deco
16-01-27-19-53-54-720_deco

みんなで作ったフレンチトーストの美味しいこと美味しいこと。
あちこちから「美味しい」の声が上がり、
口の横にアイスをつけたままにして指摘され
みんなで大笑いして会話も弾みます。

調理実習は、美味しい・楽しいだけではなく、

限られた量のアイスクリームを○人で分けます、さあ自分はどのくらい取っていいのだろうか、
高次脳機能障害の人には難しい「目分量」や、いわゆる「空気を読む」ということの訓練にもなります。

美味しくて役に立つHugの調理実習。

次は何のメニューにしようかな(≧▽≦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です