調理実習 ~ 和菓子 鮎 ~

月に一度の「おやつの調理実習」。

季節に応じて 鮎 にしてみました。

まずは下ごしらえ。

卵や小麦粉等、生地作りから。

何回やっても計量はドキドキします。

目で計量器の表示を見ながら、手では袋やスプーンを扱い、ピッタリの数値に調整します。

これが良いリハビリなんです(*^^*)。

次に、鮎の中身、求肥を作ります。

白玉粉と砂糖・水を混ぜ、レンジで温めてまた混ぜます。

出来上がったらシートの上に出して、包丁で分けていくのですが、、、、

ここからがHug劇場(≧▽≦)。

伸びるわ、くっつくわ、切れへんわ…。

包丁を持つ人は四苦八苦、見ている人は大笑い(≧▽≦)。

いやはや、お餅系のおやつはこれがあるから面白い!

そしていよいよホットプレートで生地を焼きます。

裏表を焼いてから、求肥を真ん中に置いて、半分に折ります。

1人2つずつ焼き上げたら、チョコペンで鮎らしい模様を描いていきますが…。

お手本を見て和菓子屋さんで売ってるような「ザ鮎」に仕上げる人、
お目々の大きな鮎、チョコレートコーティングになった鮎、

個性的な18匹の鮎がHugを元気よく泳ぎまわりました。

美味しくてためになる調理実習。

来月のおやつメニューはマンゴータルトの予定です

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です