宝塚市社会福祉協議会様

先週の火曜日、7月4日に

「おいしくつながろう宝塚~Hug珈琲、届け香りプロジェクト」発表会が執り行われたことはこの欄でお伝えしました。

その時にお越し下さった宝塚市社会福祉協議会様が、

次回の「社協たからづか」~社協さん発行の冊子です~ で
Hugを取り上げて下さるということで、

今日はお二人のスタッフさんがお見えになり、
丁寧に取材をして下さいました。

まず、施設長の八尾と入念に打ち合わせ。

高次脳機能障害とはどんな障害なのか、
なぜ珈琲を始めようと思ったのか、等

熱心に話を聞いて下さいました。

その後、メンバーさんに
「Hugに通って、変化はありましたか?」
「ここではどんな作業をしていますか?」等
インタビューをされていました。

メンバーさんは
照れた様子ながらも
普段は口にしないような本音(あるいはお世辞(^^;)?)を答えてくれていました。

和気あいあいとした雰囲気に社協スタッフさんも顔もほころんでいらっしゃるようでした。

その後
「焙煎体験をしてみませんか?」というムチャぶりに、
「え?いいんですか?」とノリノリの社協スタッフさん。

実際にHugのメンバーさんが焙煎をしている通りの手順で体験していただきました。

やっぱり、見るとやるとは大違い!

社協スタッフさんも初めての体験に目がキラキラしていらっしゃるのが印象的でした。

体験していただいたことで、より身近に感じていただけたのではないでしょうか。

次回発行の「社協たからづか」で、

Hugをどんな風に紹介していただけるか、

今からとても楽しみです(≧∀≦)。

美人に写ってたらいいなぁ…笑。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です