調理実習 ~ ロールキャベツ ~

月に2回の調理実習…のはずが、今月は講演会準備のため、

1回だけの実施。メニューはロールキャベツです。

さあ、いつものように手分けして調理を始めます。

まずキャベツを1枚ずつ剥がして…

おっといきなりイエローカード!破かないように優しく剥がして~~!

几帳面と雑さが入り混じる高次脳の特性が早速出てしまいました。

さて、タネ作り班は、玉ねぎ人参ピーマンをみじん切りにします。

みんなのチームプレーで用意された具材を炒めて、ひき肉とあわせてタネが出来上がり。

いよいよキャベツでタネを包みます。

施設長の八尾がお手本プレーを見せます、、、、

が、

「ちゃんと見て~!見ないと難しいですよ~!」とスタッフがいくら叫んでも、

なぜか誰もが「根拠のない自信」にあふれていて、すぐ自分のロールキャベツを作り始めます…。

でもなかなかお手本のようにはいきません。みんな苦戦しています。

タネがやたら大きくてどう見てもキャベツに収まりそうにないもの、

八尾の説明の要素が何一つ入っていないもの、

ファウルの連発です。

「だからちゃんと見ててって言ったでしょっ」と説明のやり直し。

「んも~」と言いながらもみんな大笑いです。

あーでもないこーでもない、と考えながら笑いながら、なんとか巻き上がりました。

煮込んである間に、きのこの卵とじ入りサラダも作り

チーズをとろりとかけて、ロールキャベツ定食の出来上がりです!

そしてお待ちかねのもぐもぐタイム。

大きなロールキャベツが一人2個ずつ!大満足のメニューです。

毎度のことながら野菜たっぷりメニューは、お腹にも優しく

特に一人暮らしのメンバーさんには、野菜がたくさん摂れる貴重な時間のようです。

ロールキャベツ大成功で大きなゴールを決めたメンバーさん達は

お腹がいっぱいになり、午後の作業は睡魔との闘いのようでした笑

※ワールドカップ開催中につき、文章もワールドカップ仕様になりました(≧▽≦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です