阪神南圏域多職種連携フォーラム参加

Hugの利用者さんの主治医の先生からお誘いいただき

2月10日日曜日、

芦屋市の保健福祉センターで開催された「阪神南圏域多職種連携フォーラム」に

Hugから施設長の八尾とスタッフの萩原が参加する機会を得ました。

会場に着くと3連休の中日にもかかわらずたくさんの方が出席されていて

早速あちらこちらで名刺交換が始まりました。

グループワークでは、医師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、歯科医、歯科衛生士、看護師、栄養士、薬剤師、メディカルソーシャルワーカー、ケアマネ、A型作業所、B型作業所…ありとあらゆる職種の方とグループを組み、1つの事例を話し合いました。それぞれの立場から活発な意見が飛び交い、大きな模造紙に所狭しと意見が書きこまれていきました。

またパネルセッションではそれぞれの事業所が、活動や取り組みを魅力たっぷりに自己紹介をして、聞いている方は「これはいい!」と思った事業のパネルに「イイネ」シールを貼って、一番多くシールをもらったところは表彰してもらえる…ということでHugも頑張りました!

高次脳機能障害こと、みんなで美味しいコーヒーを作っていること、楽しく過ごしていること、、、Hugの熱い思いを皆さんに聞いていただきました。

フォーラム閉会後の懇親会でも情報交換が活発に行われ、いろんな職種の方から飾らない本音のお話も聞くことができて、今後のHugの活動に活かすことが出来そうです。

新しい出会いはワクワクします。それもメンバーさんの主治医の先生からつながったご縁だと思えばなおのこと、次はどこにつながるだろう♪?と期待が膨らみます。

このご縁を大切に、今日学んだことや得た情報を、日々の支援に活かしていきたいと思います。

このたびは勉強の機会をいただき誠にありがとうございました。

追伸:パネルセッションでのイイネの数は、見事Hugが一番でしたー(≧▽≦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です