3月11日


今日は決して忘れてはいけない日。

午前10時、Hugに登所して席に着いたばかりのメンバーさん達やスタッフのケータイが一斉に大きな音で鳴り響きました。

一瞬みんな驚きましたが、

今日が3月11日であることを思い出し、

これは阪神間7市1町合同緊急速報メール一斉訓練だと気付きました。

数秒の時間差で次々に鳴るのを止めながら、

みんなで

「この辺は避難場所は長尾小学校やんな」

「この辺は津波は来ないだろうけど、地震が来たらどこに逃げよう?」

「もし出口が潰れたらこの窓から逃げよう」

と緊急時のことをみんなで考える機会になりました。

高次脳機能障害に限らず、体のマヒや易疲労性があるとどうしても避難するにも時間がかかってしまいます。

社会的弱者と呼ばれる人たちの緊急時の避難を行政に考えてもらうのはもちろんですが、

まずは自分の身は自分で守る!

日頃から避難経路を確認したり意識しておきたいものです。

〜 災害は忘れた頃にやってくる 〜 を肝に銘じ

忘れないようにしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です