調理実習 〜餃子・かに玉〜

まだまだコロナの心配はありますが、

恐れるばかりで何もしないのはもったいないので、用心に用心を重ねて

今月も調理実習を行いました。メニューは餃子とカニ玉です。いいえ、カニかま玉です笑笑。

6年間の調理実習の歴史の中で餃子は3回目か4回目だと思いますが、みんなで包むのはとても楽しいし、何よりみんなが大好きなメニューです。

メンバーさん6名と体験の方2名の総勢8名で手分けして作業をするとあっという間にタネが出来あがりました。

そのタネをみんなで包むと、やたら大きくて皮からはみ出している人、遠慮がちに少しだけタネを入れてまるでワンタンみたいに小さく仕上がった人、職人技のようなヒダを寄せられる人、個性豊かな餃子がホットプレートに並びました。

焼いている間にカニ玉を作ります。

ほぐしたシメジとカニかまを炒めると、本当にカニの匂いがしてくるから、最近のカニかまはすごい!

卵を入れてふんわり出来上がった頃には餃子も完成。

そしてみんなで「いっただっきま〜す!」

こんがり焼けた餃子とふわふわのカニ玉はとっても美味しくて、餃子をおかわりした人は合計30個くらい食べていたのかなぁ?

みんなで食べると本当に美味しい!でもやっぱり、

「食べる時は静かにさっさと食べて、マスクを着用してからおしゃべりを楽しむ」

これからも対策をとりながら楽しんでいきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です