ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

マイクロキャンバスアート

兵庫県では、障がいのある方々の文化芸術活動を通じた社会参加を支援するため、作品等の発表機会の確保、文化芸術鑑賞機会の拡大、文化芸術活動を支える人材育成の推進を目的として「障害者会社『する・みる・ささえる』応援プロジェクト」を推進しています。

このプロジェクトの一環として県立美術館王子分館原田の森ギャラリーに

「兵庫県障害者アートギャラリー」が常設展示されることになりました。

その記念すべき第一回常設展示、

一般財団法人カナウ様主催の展示にHugも参加させていただくことになりました。

マイクロキャンバス展は12/5から1/17、

「アートをもっと身近に!」をコンセプトに小さな張りキャンバスで気軽に作品作りにチャレンジしたり、作品をファッションとして取り入れるなど、新しいアートの楽しみ方を多くの方々に体験してもらう試み。

先日、小さなキャンバスを送っていただき、みんなで挑戦しました。

「え?何描けばいいの?」「え?どうするの?」なんて口では言いながら、みんな嬉々としてアートを始めました。

中には1人で2つの作品を仕上げるメンバーさんもいて、いい作品がたくさん完成しました。

これらの作品が立派な美術館で展示されるなんて今からもうワクワクします。

ご縁を繋いでくださった、木口福祉財団様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

焼き芋パーティーin西谷

赤い羽根共同募金会様の助成をいただき、

昨年大好評だった焼き芋パーティーを今年も開催することが出来ました。

日頃から交流のある、西谷地区の「サロン山里」の場所を提供していただき、オーナーの辻さん他ボランティアスタッフのみなさんの絶大なご協力のもと、美味しいお弁当と焼き芋をみんなでいただきました。

お弁当は地元野菜をふんだんに使って栄養満点!メインはみんなの大好きな特大ハンバーグでメンバーさん達のテンションも上がります。

庭では蒸気をあげて芋が焼かれています。

みんな、興味津々に中を覗き込んだり薪をくべたり、楽しい秋の1日を過ごさせていただきました。

新型コロナウィルス感染拡大防止のために万全の対策をたてて迎えて下さった「山里」のみなさん。宝塚市社協の職員さんも参加して優しく見守って下さいました。

いろんな方のご協力があって、この日を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

お天気に恵まれ、真っ青な空の下みんなで記念撮影イェーイ!

美味しいお弁当と甘〜い安納芋でみんなお腹いっぱい笑顔いっぱいになりました。

コクのブレンド、香りのブレンド

Hugのコーヒーは2種類のブレンドでお届けしています。

コクのブレンドは、ブラジルの豆をメインにしていてしっかりしたお味。「ガツンと系」と表現されたお客様もいらっしゃいました。ナッツ系。

香りのブレンドは、エチオピアの豆をメインにしていてあっさりしたお味。華やかでフルーティな香り。朝のいっぱいに最適。

味や香りの好みは人それぞれですので、どちらか片方をオススメ、、、、ということはありませんが

「めーっちゃコーヒーが好き」という方はコクのブレンドを、

「紅茶もコーヒーも好き」という方は香りのブレンドを選ばれる傾向があるように思います。

また、春から夏にかけては香りのブレンドが、秋から冬にかけてはコクのブレンドが人気です。

そろそろクリスマスも近づいてきました。今年もクリスマスラッピングも承ります。

期日指定の場合はお早めにご連絡下さい(^^)

調理実習 〜パエリア〜

新型コロナウィルスがまた感染拡大傾向にあるようですが、

しつこいくらいに手洗い・消毒を徹底して、予定通り調理実習を行いました。

今日のメニューは、パエリアとクラムチャウダーです。

まずは具材を切ります。

玉ねぎ、人参、ジャガイモ、パプリカ、鶏肉、ウィンナー、ベーコン、、、、。

クラムチャウダーにはもちろんアサリをたっぷり入れて亜鉛もバッチリ摂取。

パエリアはホットプレートで具材と米を炒めてスープを入れて蓋をして炊き上げます。

今日はホットプレートは2台用意して、1つはコンソメトマト味。もう1つはカレー味。

時間とともに美味しい匂いがしてきて、ワクワク感も高まります。

※炊き上がるまでに少しだけ待ち時間があったので、思いつきでしりとりをしてみました。高次脳機能障害で短期記憶が苦手になる人は多いのですが、実際にしりとりをしてみると、何回も何回も同じ単語が出ます笑笑。「それさっき出た〜」とツッコミを入れながらも、それがまた楽しい(^^)。

…炊き上がった頃には具沢山のクラムチャウダーも出来上がり、美味しいランチセットが完成しました。

ホットプレートには美味しいおこげも出来ていて、2種類の味をそれぞれお皿に盛って「いっただっきま〜す」

楽しく作って、食べる時はおしゃべりなしで静かに手早く食べる!食べ終わったらすぐにマスク着用!

マスクの下から「美味しかったね」「私はカレー味の方が好きやった」といった会話が弾んでいました。

さあ、来月の調理実習は何を作りましょうか。少しでもコロナが落ち着いてくれることを祈りながらメニューを考えておきます。


書籍紹介

一般社団法人高次脳機能障害者サポートネット 珈琲焙煎工房Hugの顧問である

山口研一郎医師(高槻市 やまぐちクリニック院長)が書籍を出版されました。

「見えない脳損傷 MTBI」

交通事故や労災、転倒など、予期せぬアクシデントによって脳に衝撃が伝わることで起きるMTBI(軽度外傷性脳損傷)。

その多様な症状、診断の難しさや対処法について、

治療・相談に長年取り組んで来られた山口先生が、具体的な症例をもとに詳しく紹介。

自賠責(労災)保険において等級認定が過小評価されている実態を浮き彫りにし、問題解決への糸口を探ります。

わかりやすく解説してくださっています。ぜひご一読下さい。

お問い合わせは岩波書店、やまぐちクリニックまで。